ペネロペの星 きれい penerop963.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

おさわがせ!これは井上涼のブログです。Twitterのアカウントはkitsutsukijanaiです。YouTubeのチャンネルはTanoshimidaZです。INOUERyo


by PeNeRoPe963_frien
プロフィールを見る
画像一覧

日曜日から平日へ


日曜日の夕方5時55分という時間を、そわそわして待つのが3年続きました。Eテレ「びじゅチューン!」の放送があるからです。この春から放送日が火曜と水曜の夜に移動することになり、その習慣のようなものも少し変わることになりました。平日夜の放送になることへの不安もありますが(3年で1〜3歳くらいの夜は眠たいお子さまファンがけっこういることも分かったし)、なにごとも始まる前が一番不安なものだから考えすぎないようにします。「びじゅチューン!」が始まるちょっと前に作った「YADOKARI」で、「まだ火曜日だわ 今日を入れて4日も頑張れない」と歌ってた私が火曜日の番組をやらせてもらえるのはありがたいことだなあ。


日曜は何をしていても夕方5時55分が気になって、放送1時間くらい前にTwitterで告知をし、5時50分になったら同じEテレの「ごちそんぐDJ」が始まり、「わあ、ごはんちゃんまた大変そうな撮影してる…矢野顕子さんのモノマネLOVE…(厳密には矢野顕子さんのモノマネをする清水ミチコさんのモノマネらしい。豆知識)」とか思って見ていたらすぐに「びじゅチューン!」のターンになり、茶髪でタキシード着た数年前の自分が画面に出てきて毎回うぅとなり、でも柿沼さんがタイトルを読み上げて歌が始まる(歌のタイトルを考えるときは柿沼さんの声が脳内で響くようになりました)。歌が終わると私が出てきて、織田監督による遊びのターン(いや解説のターン)、そしてもう一回歌が流れてもう一回私が出てきておしまい、そしたら次にベニシアさんが始まって、それを横目に番組後のツイートをする。「番組放送後5分以内に告知のツイートをするとよいらしい」という言い伝えのようなものを誰かから聞いて、放送後は「はよ告知せな…」とパソコンに向かったりiPhoneを手に取ったりする。ときどきベニシアさんがすごいセンチメンタルを特盛りにしてくる日があって、それを見てしみじみしていたら告知のタイミングを逃してしまう日などもありました。そういう一連の習慣が少し変わるのです。火曜日と水曜日の夜にはどんな習慣がまっているのだろうか。番組はまだ続くのだしあんまりセンチメンタルになるのはやめておこう。ベニシアさんがこっちを見てる(見てない)。


会社に勤めていた時、月曜日が来るのがほんとに嫌だったから(そのうえ平日ツライみたいな歌も作っていたとは!四面楚歌!)、日曜の夕方に何か楽しいものを届けられるかもしれない、というのは私にとって意義深いことでした。スーラの絵をモチーフに「月曜日モンスター」という歌まで作ったりして…。今度は「平日夜」でそれをやろう。

ーーーーーーーーー
Eテレ「びじゅチューン!」
4月4日から火曜夜7時50分〜
再放送は水曜夜10時50分〜
ーーーーーーーーー



d0151007_08353425.jpg


[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2017-04-03 08:35 | Comments(9)



どういうわけか、BBCニュースのサイトで最近作った奈良市による18歳選挙権のことを知らせるためのアニメが紹介されました。せっかくなのでがんばって日本語に訳してみました。


d0151007_20554861.png

Japanese cities are using manga and anime to persuade young people to vote in forthcoming elections.
日本の自治体が若い子に投票するよう説得するためにマンガやアニメを使っているわ


The popular formats feature in local electoral commission materials aimed at newly enfranchised 18- and 19-year-olds, which explain why going to the polls is important, The Japan Times website reports.

(しょっぱなから訳せませんでした…)


Last year, Japan lowered the voting age from 20 to 18 - the first change in seven decades. An election on 10 July to choose members of the upper house of parliament will be the first national poll since the law changed.

去年、日本は選挙権年齢を20歳から18歳に引き下げたわ。それは70年の中で初めてのことよ。今度の選挙、つまり参議院のメンバーを決める7月10日の選挙は法律が変わって最初の国民投票になるわね。


Officials in the city of Nara have created a five-minute-long anime video on the importance not only of voting, but of making an informed decision at the ballot box.

奈良市役所は5分のアニメを作ったわ。投票することだけじゃなくって、投票で意思決定をくだすってことのだいじさについてのね。


It shows three girls celebrate turning 18, two of whom don't intend to use their votes. Other characters then warn the girls that it's never been more important to make their voices heard. It ends with what the paper describes as a "perky, off-key song" about nearing adulthood and thinking for yourself.

そのアニメでは、3人のガールズが18歳になったことを祝っていて、そのうちの二人は選挙権を使う事に関心がないの。オーゴッド。他のキャラ達は警告するわ。彼女ら自身の意見を聞こえるようにすること以上に大事な事なんてないってね。そしてアニメの終わりには、The Japan Times website「きびきびしていて音の外れた歌」と書かれた歌で、大人になっていくってことと自分自身で考えるのよってことを伝えているわ。


Another city opted for a manga flier in which the local mascot tells 18-year-olds that politicians will have to listen to their opinions if they vote.

他の自治体はマンガのフライヤーを選んだの。地方のゆるキャラ(?)が、もし18歳の人々が投票したならば政治家は彼らの意見に耳を貸さねばならないということを教えるためのね。


Political parties are getting in on the act too, issuing manga pamphlets and posters in advance of the election.

各政党は同じような活動をしているところよ。選挙の前にマンガのパンフレットやポスターを発行するっていうね。


Lowering the voting age to 18 added an estimated 2.4 million voters to the Japanese electorate, but the legal age for several other activities has been kept at 20, including drinking and smoking.

18歳に選挙権年齢が引き下げられた事によって、240万人の新たな投票者を加える事になると見積もられてる。でもね、他のいろんな活動においては20歳以上からという規定はキープされているの。飲酒や、喫煙がそうだわ。





[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2016-07-02 21:43 | Comments(4)

2015→2016





d0151007_19472818.gif




こんにちは井上涼です。ブログを更新しないうちに2016年になりました。2015年はびじゅチューン!を作り続けながら、個展をしたりやる気あり美をしたりイラスト描いたりライブやったりしました。書ききれないくらい仕事をしましたが、2016年も変わらず働きたいと思います。で働く前に2015年を振り返っておきます。(ある程度わたしの活動についてご存じの方が読んでいるという想定で書きます〜)



Eテレ「びじゅチューン!」の仕事は2012年から準備をはじめたので3年以上やっています。有名な美術作品を歌とアニメで紹介するという趣旨なのですが、いくつ作っても(現在35作以上できてます〜)美術というのは面白く、私の中ではどんどん広がる一方です。ひとつずつ触れている美術作品も、歴史の中でつながっていたり、同じ宗教の考え方から生まれていたりしていて、少しずつ大きな流れが見えそうです。「飽きた」なんて書き込みをネット上で見つけてしまったり(探しちゃうのよね…)もしますが、まだできることがあると確信しています。がんばるぞ〜



夏の個展では超絶たくさんのお客さんとお会いする事ができました(毎日会場にいてサインだ握手だってやってたからです)。ベビーカーに乗ってるお子さんのファン(いつも番組見て踊ってるんですけど今寝ちゃいました、ってその子のお母さんが言ってたからファンと言えよう)から、60代のマダムのファンまで幅広い方々にお会いできて、自分のアーティストとしての活動の像がふんわり見えたような気がしました。ちなみに20代〜30代の女性のファンの方は、真面目でユーモアもあるけど少し不安げな方が多いように見受けました。あれはどうしてなんだろうなあ。
あと、個展の一環としてライブを始めました。私の作った作品を流しながら私が歌う(紙芝居とかもする)イベントです。ヘタウマなカラオケをお聞かせするのは毎度気が引けますが、音楽を活動の重要な要素としているからにはやるべきだと思っているので2016年も許される限りどんどんやっていきたいと思います。(自主的な)全国ツアー中なので、お近くに来たならばぜひおこしください〜。


ゲイだとカミングアウトして10周年、という自分にしかあまり意味がない記念の年でもあり(たしか5月12日とかが記念の日なので、まだ微妙に記念イヤー中なのですが)、やる気あり美の一員としてLGBT(もちょっとていねいに言うとLGBTQ)についての活動を始められたことは大きなことでした。でもまだまだ活動も勉強も足りません。まったく安定する気配を見せないこのやる気あり美ですが、続ける事がだいじだと私は考えますのでひきつづき関わりたいと思います。
あ毎年5月に「カミングアウトして○周年」というタイトルの文章を(誰に頼まれた訳でもなく)書いているのですが2015年は書けませんでした。いまやる気あり美での作品を準備中なので、それが完成したら書こうと思います〜



あ2015年のこともうひとつあった。
私にとってアーティストとは、奈良美智さんや村上隆さんのような技術と知識をもって「コンテクスト」(←いまだに苦手…)をピキーン(←ひらめきの音)と踏まえた作品を作るすげ〜人というイメージなので、ずっとアーティストと名乗るのがおそろしかったのですが、2015年を過ごし「もうこれはアーティストという職業でしかないかも…」と思いアーティストを名乗ることにしました。

以上です。
悲しい事も残念な事もたくさんあったけど、仕事をたくさんできていい年でした。今年もひとつひとつ大事に作っていきたいです。どうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2016-01-01 19:49 | Comments(12)

d0151007_1846314.jpg



d0151007_18455577.jpg






d0151007_18454613.jpg






d0151007_18453159.jpg






d0151007_18452112.jpg






d0151007_18451021.jpg






d0151007_18445737.jpg






d0151007_18444818.jpg






d0151007_18443387.jpg

[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2015-09-24 18:56 | Comments(8)

d0151007_1850016.jpg






d0151007_18495238.jpg






d0151007_18494367.jpg






d0151007_18493496.jpg





d0151007_18492412.jpg






d0151007_18491752.jpg






d0151007_18491132.jpg






d0151007_1849555.jpg






d0151007_18485889.jpg

[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2015-09-24 18:56 | Comments(3)

d0151007_18522462.jpg






d0151007_18521813.jpg






d0151007_18521247.jpg






d0151007_185264.jpg






d0151007_1852150.jpg







d0151007_1853691.jpg







d0151007_18545234.jpg







d0151007_18532527.jpg

[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2015-09-24 18:56 | Comments(3)



ブログではごぶさたしております、井上涼です〜。
あれやこれやと追われているうちにブログが冷凍保存されておりました。解凍して復活していきたいと思います。復活したと同時に告知…。


8月のお盆あけに個展をします。



d0151007_20342129.jpg



□タイトル:井上涼 個展「 マチルダ先輩と忍者合唱団 」
□会 期:2015年8月19日(水)~8月31日(月)12:00-20:00
□休場日:無し
□入場料:無料
□会 場:3331 Arts Chiyoda 1F メインギャラリー B 〒101-0021 東京都千代田区 外神田 6 丁目 11-14
東京メトロ銀座線末広町駅 徒歩 1 分 / 千代田線湯島駅 6 番 徒歩 3 分 /JR 御徒町駅より徒歩 6 分
□主 催:株式会社 イレブングラフィックス
□お問い合わせ先:株式会社イレブングラフィックス(担当:松久) Email:shuhei@elegra.jp TEL:03-6303-0873 FAX:03-6303-0874
□協 力:アーツ千代田 3331
【関連イベント】8/21(金)、29(土)※詳細は後日発表致します。




マチルダ先輩と忍者が一堂に会する会場にぜひおこしください〜。「まだプロジェクションやってるんですかー?」って言われそうですが、今回もまだまだプロジェクションで展示室を井上ワールドで平和に埋めつくしたいと思います。「遠くて行けないよ!」という方にも楽しんでいただけるようなネット上のイベントも計画中なのでおたのしみに!
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2015-06-29 20:52 | Comments(24)

総じて豊か


d0151007_1345769.jpg



ロビン・ウィリアムズが出ていた「フック」は小学生のとき兄と母と映画館で見た。でもさいしょの方の実家に帰る場面と映画館で買った下敷きのことしか思い出せません。ロビン・ウィリアムズいつでもちょっと好きだった。ジーニー!
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2014-08-17 13:12 | Comments(34)


d0151007_11274499.jpg

d0151007_11275294.png



三十路の妖精、井上涼でございます。
横須賀美術館での「こどもと美術を楽しみたい! キラキラ、ざわざわ、ハラハラ」展に7月12日から8月31日まで出品してます。「夏休みオブザ忍者」という大きなひと部屋がストーリーになる作品を作りました。

展覧会の情報は↓
美術館サイト → こちら☆
公式フェイスブックページ → こちら☆
会場限定販売グッズもございます〜


d0151007_11354139.jpg


・クリアキーホルダー756円
・缶バッジ3こセット540円
・100枚限定サイン入りイラストレプリカ1620円
(↑これは写真に写っていませんが)
・ポストカード3枚セット486円



ぜひぜひよろしくお願いします。
わたしもちょこちょこ会場に行こうと思います。
とりあえず8月2日には同じ出品者のtupera tuperaの亀山さんとのトークイベントがあるのでまいります。小旅行がてらおこしください。
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2014-07-14 11:38 | Comments(23)




d0151007_19264763.jpg




わたしはゲイですよ、と頼まれてもないけどカミングアウトしはじめてから5月13日で9年になりました。こんにちは井上涼です。毎年このブログにはそのとき考えていることをダラララ~っと書いてきたので、今年も誰にも頼まれてないけど書いておきます。毎年読んでくださっている奇特な方にはくりかえしになりますが、最近テレビなどでわたしのことを知った方もたくさんおられるので、あらためてわたしがどうしてカミングアウトしたのかを書いておきます。長文まとめられるかしら…。


ただ、これらのことは私個人の体験からくることであり、他のゲイの人もみんな全く同じように考えているかというとまた違う、ということをご理解ください~。


2005年の5月にわたしは↓この作品を作ってカミングアウトを始めました。美術大学の3年生の時です。ひまな時にご覧ください。







「男の人を好きか女の人を好きかなんて個人的なことだから、どうして自分から発表するのか必要性が分からない」と会社員のとき先輩から言われたことがあって、そう言いたくなる気持ちもわかるなあとは思うのですが、わたしがカミングアウトしたかったのには大きな理由がふたつありました。
ふたつの理由は、根元までたどればひとつなのかもしれないけど「理由はふたつありました」って書いてみたかったからふたつだということにします。ぐへへ




ひとつめは「好きなもののことを好きと言えないのがつらい!から」でした。
もともと私は、ムキムキでガハハって笑うような男!俺、男!というタイプではなかったけど、カミングアウトする前は「ゲイだとバレないように、世の男性が好きじゃなさそうなものを好きだというのはやめよう」と努めていました。たとえば少女漫画(いまは男の人も好きって普通に言うけど)、ピンク色、セーラームーン、スカート、ハイヒール、などなど。ピンヒールで踊る安室ちゃんには昔から憧れていましたがそのことは言えませんでした。(←言えない、という言い方は被害者っぽくていやだけど)
そして、「瑛太かっこいい!」「ジョセフゴードンレヴィットかっこいい!」といった、かっこよくて好き~な男性について話すこともしませんでした。
「気持ち悪」と言われるのが怖かったからです。今でも怖い!


好きなもののことを好き好き言うのはとても楽しいです。わたしは「ものを好きになりやすい」少々おめでたい性格をしていて、日常に好きなものがあふれています。(苦手なものも多いですが)
だから好きなものを好き~っと単純に言えないことは大きなフラストレーションになっていたのです。ということでカミングアウトしました。これが理由のひとつめ。




(長文で息切れ中)





d0151007_19293755.jpg







ふたつめの理由は「日常でつくウソが多くなりすぎる!から」です。
ゲイだということを隠していることは、私にとって性別を隠しているようなもので、オスカルが大変なように(オスカルとはまた事情が違うけど)(そしてベルばら読んでないけど)、あちこちでウソをつかないといけない生活はちょっと大変です。
彼女がいることにするとか、「どんな女性がタイプ?」と聞かれた時にはこう答えようとか、笑い方や手の仕草も意図的に(しかし過剰になりすぎないように)すこし男風にしたりして、ウソをついたり気をつけたりすることがたくさん増えるのでした。
「この人は私が女っぽくても男っぽくても気にしないタイプかな?」「この人はゲイとかそういうのには全然理解してくれなさそうだな〜、気をつけよう」と周囲の人のことを測ろうとしてしまうし、あまり気が休まることがありません。

そこにさきほども書いた、わたしが元から持っている「好き好き言いたい」性質(こう書くと私ってJ-POP)が真逆の圧をかけるので、窮屈でものすごく外に出たいけど怖くて出られない、というようなまさにクローゼット状態でした。それが嫌で嫌でしかたなかったのでカミングアウトしました。これが理由のふたつめです。





d0151007_19284355.jpg






カミングアウト以降の生活がどう変わったかというと、あれかわいい・これかわいい・あの人かっこいい・この人もかっこいい、と好きなものを好きだとハッキリ言えるようになりました。周囲の人の考え方には無限にバリエーションがあるので、発言する時の怖さはいつでもありますが、それでも生活はずいぶん変わりました。楽になったのです。よかった!


と同時に、周囲の人の困惑を目の当たりにもしました。私は今年(2014年)の3月までの7年程度、会社づとめをしていたのですが、会社生活においてはある種の「わかりやすさ」が求められるように思います。「この人は男、だからこう振る舞うだろう」「この人は40代、だからこういうことを言うはず」といった予測のもと、人は人と接しているようです。友達同士であれば、よりお互いを知っていく中で「この人は、発言は男っぽいけど家具(?例えが変か?)はかわいいものが好きなんだな」とかその予測から外れる部分も受け入れていけるんだと思うのですが、会社の中では効率よくものごとを進めることを求められるからなのか、予測とちがうイレギュラーに面するとみんな少し困ってしまうようでした。これはちょっといやだった。



「井上くんは男として扱えばいいのかな?でもなんか発言は女だな…。でも完全に女ってわけでもないし。???」と周囲の人が考えている瞬間をたくさん目にしました。そのたびなんとなく申し訳なくなったりしつつ、でもカミングアウトしてしまったししょうがないかと思い直して過ごしました。誰かを責めたいのではありません。私も「この人はきっとこんなだろうな」という予測をもって人を見ているし、そこから外れると「あれれどうしようかな」と困りますもの!大事なのはその予測から外れた人に会った時に否定に走らないことと予測のバリエーションを増やすことなのでしょう。




(長文で息切れ中)




話は変わりますが、
私は毎日のように近所の喫茶店に行っていて、毎日行きすぎて店員さんから「いのっち」と呼ばれるまでになっているのですが、そのお店には年配のお客さんが多くて、よくお会いする方は私にあいさつしてくれたりします。大好きなお店なのですが、ときどき聞こえてくる会話の中に「さっきのお客さん(←井上のことではない)オカマっぽかった。気持ち悪いね〜」といった言葉が混じっていることがあります。そんな時わたしはとても恐ろしい。ネット上には女装している私の写真とかムービーとかいっぱい出てるし。。。苦笑(”v”)
いまでも地域とか世代とかによってゲイやその他のセクシュアルマイノリティ(レズビアンとかバイセクシュアルとか少数派の性的志向をもつ人のことだそうな)に対する否定というのはくっきりとあるのでした。

そんな中、最近知り合った年下のゲイの人は「権利は勝ち取るものです」と言っていました。勝ち取るということが具体的に何をすることなのか、私にははっきりイメージはできないけど、「待っていない」ということなのかもしれません。





d0151007_19282169.jpg






テレビなどに出させていただいたことで、私の知名度はすこしずつ上がっています。ま〜だ〜ま〜だ〜微妙なのですが。「知名度」というのは扱いの難しいパワーだけど、正しく使えばセクシュアルマイノリティにとっての、より「苦しくない」生活ができる助けになるかもしれません。でも「誰かのために」という考えはモロハソード(諸刃の剣をおもしろおかしく言おうとトライした言葉)だから、気をつけつつ何かできたらと考えています。出馬とかはしません。




ダラララ〜と今年も思いつくままに書きました。毎年こういうのを書くことが、どこかの誰かの何かを楽にすることがありますように。逆に誰かを重たい気分にしませんように。私は今年も生まれてよかったと思っています〜。


これまでの文章はこちら↓から
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

8周年時→
7周年時→
6周年時→
5周年時→


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲



[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2014-05-24 19:32 | Comments(48)

井上涼のうろ覚えグルメ


こんにちは。幻冬舎plusというサイトに食にまつわるコラムのようなものを掲載していただきました。料理の写真を撮るのを忘れてばかりいたのでぜんぶイラストにさせてもらいました。幻冬舎の志摩さん、ありがとうございました。



↓画像をクリックするとサイトに行きます〜


d0151007_10405970.png

[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2014-05-13 10:23 | Comments(6)

最近のこと


d0151007_723347.jpg




こんにちは井上涼です。
3月からの新しい環境にも慣れてきました。毎日、アニメを作ったり歌を歌ったり打ち合わせに行ったりしています。会社員の仕事と両立していた時の「頭割れそう!」という大変な感じはなくなり、「作品を作ることが仕事である」というシンプルな状態になれて、頭の中が少しラクです。

そんなわたしの今の日常がすこし出てくる、4月27日17:55〜18:00放送の、Eテレ「ご存じ?びじゅチューン!」をよければごらんください。5月4日からの「びじゅチューン!」の舞台裏を紹介する番組です。




d0151007_7274843.jpg




このまえ実家に帰省しました。散歩すると、タンポポとれんげと菜の花がこれでもかと咲いていて、つくづくのどかな場所で育ったんだなー、と改めて実感しました。それがいまや東京に住んでテレビに出してもらったりしてさ!げへへ




d0151007_7283054.jpg



そんな私の出身地と同じくらいのどかな横須賀。そこにある横須賀美術館で、展覧会に参加することになりました。7月12日〜8月31日「こどもと美術を楽しみたい! キラキラ、ざわざわ、ハラハラ展」
夏休みにこどもと一緒に、もしくはこどもと一緒じゃなくても、横須賀におこしください。海水浴がてら…。美術館の目の前が海なのです。「こどもにウケるであろう。くっくっくっ」ということで忍者の作品を用意しております。展示室がデカいので私は今からハラハラしています。



新しい環境になって、変わった部分と変わってない部分があるように思います。その変わらなかった部分こそがもしかして私の核なのでは?と思い至り、何が変わらなかったか考えたら彼氏を募集しているということぐらいしか思いつきませんでした。それは冗談です。ではまた〜
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2014-04-26 07:43 | Comments(9)

d0151007_8152597.jpg

こんにちは井上涼です。
↑この絵はTwitterで流行っていたので時代に媚びるため描きました。
昨年からちょこちょこ放送していたEテレ「びじゅチューン!」が5月から毎週放送になりました。世界の有名な美術作品を井上の作った曲とアニメで紹介するというこの番組。
毎週新作を放送するには私が間に合わないので、新作 → 再放送 → 再放送 → 新作 →…、という3週に1こ新作を放送するという形をとり、じりじりとやっていくことになりました。
Eテレの皆さんに騙されていないことを願うばかりです。ありがたやありがたや。

ーーーーーーーーーーーー
Eテレ 「びじゅチューン!」
5月4日から毎週日曜17:55〜18:00
4月27日同時間に「ご存じ?びじゅチューン!」という舞台裏を紹介する番組もあります。
ーーーーーーーーーーーー



アーティストをときどき名乗ったりしている割に美術のことも音楽のこともこの番組をやらせていただくことになってやっと勉強しはじめた愚かな私。コンテクスト、文脈、という単語(←美術の本にやたら出てくる)を見ると逃げたくなってしまいます。でもいろいろな美術の作品はそういう勉強不足な私にも感動できるようなところが必ずあるので、その部分を毎回毎回かたちにしていけたらと思います。
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2014-04-16 08:49 | Comments(14)

この春から環境を変えるにあたり、これまでお世話になったみなさんが送別会(第2弾)を開いてくださいました。わたしの名前が涼だから納涼祭です。会場の飾り付けまでしてあって、みんな忙しいのにそんなにわたしが好きですかと誇らしい気持ちになりました。
(以下、写真はいろんな方から勝手に拝借しました)

d0151007_1857414.jpg

d0151007_18591195.jpg

d0151007_19264051.jpg

↑しかたさんはシャイなのでイラストにしておきました

d0151007_19131992.jpg

d0151007_19205737.jpg

d0151007_19311093.jpg

d0151007_19291283.jpg



ほかにもいろいろ載せたい人がいるけど、勝手に載せたら怒るかもしれないからやめておきました。



自分のための送別会でみんなが楽しそうにしているのをこの目で見るというのは、未体験な幸せでした。いままで何十回と送別会をしてきたけど、いちばん私らしい会(まあこの会の他に私らしい会などあるはずもありません)でした。自分のやってきたことの正しさや年数や周囲の役に立ってたのかとか、そういったことが送別会にぜんぶ出ている気がしました。送別会から察するにわたしはだいたい間違えていなかったようです。

大好きな先輩たださんと、会社で誰がかっこいいかトークをするのが毎日の楽しみでしたが、そこでランキング1位にたびたび輝いていたかわちゃんに抱きついて眠ったりもできたので大変満足です。


同期のかんちゃん、会を開いてくれてありがとう。
私は毎日絵を描いたり歌ったり(笑)しています。
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2014-04-05 19:59 | Comments(3)

時代と寝たオカマ


d0151007_185226.jpg



こんにちは、時代と寝たオカマ井上涼です。
言ってみたかっただけです。寝てません。


まだあいまいな書き方しかできないのですが、今月から環境をすこし変えてより作品を作ることに専念することにしました。くわしくはまた改めてお知らせします。別に何かを秘密にしているわけではありません〜。重大発表とかは特にありません。
上の写真は、後輩の女性が開いてくれた小さい送別会の最後に出てきた井上ケーキです。パティシエにオーダーして作ってもらったという超ハイクオリティのアイシングクッキーは、食べるのがとてももったいなくて一日一枚食べてたらおとつい全部なくなりました。PIMOの「Wanna Be A Tuna」に出てきた最近のキャラクターを選んでくれているところが嬉しかったです。それでいて赤ずきんも奥の方で押さえているという・・・。あいちゃんありがとう。


よしもとばなな先生(有名人を文の中でどう呼ぶかは毎度悩むなあ。敬称つけるや否や)がよく言われているのですが、これからより大変な時代になるそうな。そしてその中においては小さな楽しみのようなものの重要さが高まっていくのかもしれません。私はその楽しみを作るのにより専念していこうと思います。そこまで深く考えてもないけど、向いているからです。
へなちょこの歌やアニメ、時には女装などを駆使してあの手この手で作品をばりばり作って行きたいです。今もいろいろ作っています。
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2014-03-22 19:15 | Comments(4)

1月と2月を終えまして


こんにちは井上涼です。

このブログの更新をおこたっていたので、記事の上にちっちゃい広告が表示されるようになっていました。あのビジュアル(記事の上に広告が表示されている状態)ってかなり絶望的な気分になりますね。でもこのブログのことを忘れていた訳ではありません。めんどくさくて更新していなかっただけなのです。しかし2月も終わったので、そろそろ書かねばと思い重い腰を上げたのが今日の私です。自分で始めたのになぜかいつも義務感が漂うブログの不思議なのでした。


2014年になって、1月と2月はNHKの「びじゅチューン!」という番組の準備とユーグレナ・ファーム社の緑汁という製品のCMやロングムービーの制作、あと会社勤めでぎったんばったんしておりました。


びじゅチューン!ってこれ↓
d0151007_22213668.jpg


ユーグレナ・ファーム社の緑汁ってこれ↓












d0151007_22223873.png

「びじゅチューン!」は昨年の夏に3回限定で放送した" 美術寄りの音楽番組 "の2シーズンめです。前回の放送がご好評いただけたので、さらにやるべし、というお達しが出て新作を作らせていただきました。1シーズンめとは違い、「視聴者の方がこういうの期待してる」という前提がある上でつくることが、難しくもありおもしろくもありました。平日の19時55分といういろんな年齢層の方がテレビを見る時間帯の放送で、さまざまな感想のコメントをいただくことができ収穫は大きかったのである、と思っています。わたしがいつも行っている近所の喫茶店のお客さん(たぶん70代男性)が「あんたのボソボソっと話す解説がおもしろいんだよ!わはは」と言ってくれたのが嬉しかったです。一方わたしの名前で検索すると女装の作品とかもじゃんじゃん出てくるので、そういうの見たらなんて言われるんだろう、とハラハラもしました!でもぜんぶ私の作品ですね。






d0151007_22101934.png

緑汁の方はかの有名なキングオブ日本のマス(?)、電通さんからご依頼いただき制作いたしました。昨年夏ぐらいから新橋のあのバベルの塔みたいな巨大なビルに、私が歌ったへたな曲を作って持って行って聞いていただいたり、いろいろな修正を重ねたりしながら作った、私にとって初めての広告のための作品(広告は作品ではないと大貫卓也大先生が何かで言っておられましたが)です。あ、「バベルの塔」というワードに悪意はありません。単に大きいからそうお呼びしました。雷が落ちるとかそういう意味では全くないです。でもあんなにでかいと雷落ちてそうですね。
寛容なスタッフのみなさんとユーグレナ・ファーム社のみなさんのおかげで、健康食品のCMだけどちょっと歪みのある、というのか?ひねくれてるけど素直なというのか?要は好きに作らせていただけました。「レ・ミドリジル」という秀逸なタイトルは電通の坂本陽児さんが作です。この絶妙にレミゼラブルから時季を逃した、それでいて音の収まりのよいタイトルが好きです。







こっちのスタッフがすてきだと書いたら、あっちのスタッフもすてきだと書きたくなってきました。熱に浮かされているようですが。。。(まあまあ冷静)。「びじゅチューン!」のスタッフのみなさんもまたすてきで、いいぞいいぞ涼くん〜とプッシュしてくださいます(←言い方はこんなんじゃないけど)(プッシュしてくれるからすてきって訳じゃないけど)。番組内でも言っておりますが、基本わたし一人で作っているので、時々怖くなることもあるにはあります。けれどもスタッフのみなさんがやっちゃえやっちゃえ〜と言ってくださるので(←言い方はこんなんじゃないけど)、瀬戸際の勇気のようなものはキープしたまま作ることができました。



「感謝」って書きはじめると「あっち側にも言わなきゃ」「ああそうだこっち側にも言わなきゃ」「そっち側にも言っといたほうがいいか」と連鎖してしまって、で結果的に「読んでいる人にはあんまりおもしろくない」、ということになりがちなのでこのへんにしておきます。気づけば改行をあんまりせずにめっちゃ長文書いていました。でもスマホから読むには改行が少ない方が読みやすかったりもするし難しい。。。




<まとめ>

一昨年から昨年にかけて、そして今年、といろいろなチャンスをいただけることが増えています。それの表れが「びじゅチューン!」であり緑汁のムービーでございます。顔を知っていただくにつれ変な有名人みたいになっていく感も否めませんし、気付くと気付かざると無くしているものも、得た分だけあるような気がする。(慣れというのか)。引き受けたお話には力を注ぐという原則は守りつつ、無くすものには「ああこういうの無くしてるんだわ今わたしは」とできるだけ自覚を持っていたいと思います。
七尾旅人さんがとても攻撃的な姿勢でおられるのがすてきだ〜と思いながら、私は怒られるのがどうしても苦手なのでやはりこう中途半端になってしまうなあ。でも「感謝してないとバチが当たる気がするからする感謝」、というのも違和感がある。弱い立場に自分を設定する事で相手より強くなろうとすることとか、そういうのは少なくして行きたいなーと思います。それを心を開くというのか?できるかな〜?



あ、ぜんぜんまとめになっていません。混乱しているのかもしれませんが、その記録としてこれを書いておきます。また作品を作ってブログ更新しますね。ここまで読んでくださってありがとうございます〜。それではまた〜
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2014-03-03 22:12 | Comments(10)




新しいのができました。なんとか2013年にできた!
PIMO(ピモ)というNYで活動している男女二人組アーティストの楽曲のためのミュージックビデオです。PIMOはPIXYさん(女性)ともろさん(男性)の二人で、音楽だけじゃなく写真や映像も作られています。
ミュージックビデオの依頼のメールがとどいたのが確か2012年のはじめでした。そこからちょっと進めてはさぼりちょっと進めてはさぼりしていたら、ここまで引き延ばしてしまいました。


今年(2013年)のはじめさすがに優しいもろさんも少し怒り(当然です~)、途中までは10月のFRENZ(フレンズ)という映像系のイベントでの上映を目指して制作していたのですが、なんとそれも間に合わず、映像の終盤に「COMING SOON」という文字を入れてごまかす、通称「カミスン対応」をすることに。。。FRENZのスタッフの方ごめんなさい。
そんなこんなを経て、先日2013年の12月28日にやっと完成しました。


「Wanna Be A Tuna」は「マグロになりたい」という意味です。「マグロ」が持つニュアンスについては各自で調べていただいて…(小学生くらいの方も見ているので…)。要は「なんにもしたくない」という意味だと思います。だから「もうなんにもしたくないよ」と思っている女の子が出て来るミュージックビデオにしました。そんな女の子のいる独自の道を歩む家庭を作ってみたのでした。
物理の法則や、キャラの大きさの設定など細かいところはだいたい無視しておりますが、日本には「ご都合主義」という言葉がありますので、誰も怒らないと思います…。なにせ私は妖精ですし…。



この「Wanna Be A Tuna」を収録した2012年のPIMOのアルバム「Pimopera」はiTunesから全曲mp3データをダウンロード(有料)できます。(こちらをクリック★)
Bandcampという英語のサイトからもダウンロードできます。こちらはクオリティも選べて、歌詞やジャケットのデータもついてくるのでPIMOのもろさん的にはこちらがおすすめとのこと。
(こちらをクリック♡)

CDは東京の高円寺にある円盤というお店に10枚ほどあるそうなのですが、いま売っているのかはお問い合わせください。長野県の正午の庭というお店にも3,4枚あるそうな。



作っている途中は、これもう完成できないよ…、と思っていたのですが完成できました。色塗り手伝ってくれた会社の後輩やっくることあいちゃんありがとう。びじゅチューンでも手伝ってくれた優しい女…。白い紙は恐ろしいけど、ひとつひとつ決めて線をかりかり描いてスキャンしてデータを切り抜いたり色塗ったり動かしたりして、それを積み重ねまくったら完成するんだという当たり前なのに信じにくいことを身を以て体験しました。
完成遅すぎだけども!



PIMOのPIXYさんともろさん、どうもありがとうございました。NYに遊びにいったらお会いしましょう。
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2013-12-31 15:50 | Comments(12)

うすい絵


d0151007_23472919.jpg

[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2013-12-16 23:48 | Comments(4)

Perfumeの新曲の絵



d0151007_22212144.jpg



[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2013-12-02 22:22 | Comments(4)


こんにちは井上涼です。





10月に参加したTEDx Fukuoka Salonの様子がYOUTUBEにアップロードされました。話し方がたどたどしすぎて自分ではなかなか見返せないのですが、時間にゆとりのある優しい気分の時にでもごらんください。話を分かりやすくするためにてたくさん描いたイラストが全然見えない編集になっててショック〜…。


まあそれはいいとして、
同性愛方面の話をする時はとても慎重になるので、この話題を選んだのは自分なのにものすごく恐ろしい体験でした。「あなたはそうかもしれないけど、こっちはちがうよ」っていうゲイの人もいるだろうし、「ああゲイってそういうものなのね、はいはい」ってゲイじゃない人にこれが全部だと誤解されるかもしれないし、いろんな「なってほしくない可能性」のことを考えるとどの話し方も正しくないように思えて、まとめるのにぎりぎりまでかかってしまった。私の体験をもとにした私にとってはウソのない要素にしぼって話したので納得はしていますが、心配は尽きません。(いろんな人にとってキャッチーにするためにイラストをたくさん描いたのに…云々、←粘着)



本家のTEDみたいにスマートな「ちょっと通りがかったから話してもいい?」みたいなノリとはほど遠いけど(一応「この中に〜なひとがいたら手を挙げて?」っていうのは真似した…)、こうしかなり得なかったのだと思います。ひとつの形だと思おう。



Twitterにも書いていましたが、Perfumeがライブの時につけてるみたいなマイクをつけられてそこはハッピーでした。
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2013-11-18 20:26 | Comments(6)




文中に出てくるライブの詳細です↓

『月刊 初詣vol.2』 (げっかんはつもうで)
11月3日(日) @下北沢SHELTER
open12:30 / start13:00
1000円+1D
【出演】工藤祐次郎 / 井上涼 / ベルノバジャムズ
ご予約はozounirecords@gmail.comまで

d0151007_1721359.jpg

d0151007_17214497.jpg

d0151007_17215388.jpg

d0151007_1722244.jpg

[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2013-10-27 17:32 | Comments(6)

ズムサタを待ちながら


d0151007_654484.png



↑画像はもうすこしでやっとこさ完成する予定のPVの一場面


おはようございます。井上涼です。
きょう日テレの「ズームイン!!サタデー」で私のことを取り上げていただく予定になっているので、いま早起きして放送の時間を待っているところです。ひええ収録前にエステに行けばよかった怖い〜

先週、福岡に行っていろいろな方にお会いして、TEDxFukuokaSalonというのに出てお話しさせていただいたり、展覧会をしたり、トークショーを開いていただいたり、テレビに取材をしていただいたりして、最近のわたしの人生につきものな「微妙な有名人の気分」を謳歌しました。みなさんチヤホヤしてくださいました。チヤホヤ〜と音が聞こえてきそうなくらいに…。とはいえ、だいじなことは作品を作ることだと改めて思いました。Twitterでこんなにリツイートされた〜とかFacebookで前よりいいね!がたくさんつきました、とかそういうのも楽しくて嬉しいけど、そこにばかりこだわらずにひとまず絵を描いたり曲を作ったりするのが私のすることなのかも。こういうこと書くと好感度高いのかしら!

TEDxFukuokaで自分のことをしゃべるために自分のことを改めて思い出して考えたり、人前に一人で出てしゃべったり(しかもどこを見ていいかわからない円形のステージで…怖かった〜)、「これは何とかできたぞ」ということを増やしていけるのはありがたいことですなあ。
どうにかやりくりして軸を作品の制作に置くということがだいじなんですね。

というところでもう7時すぎ。もうすぐ私がズムサタに出てくる時間だー。
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2013-10-19 07:05 | Comments(15)

d0151007_6364990.jpg



絵は本文と関係ありません。
こんにちは。井上涼です。毎日眠気と戦って負けています。
ちかごろ福岡にたびたびお世話になっているのですが、今週末10月11日〜14日まで、またうかがうことになっておりますー。ちょっと小粋にぶらぶらしにいくわけではなく、出演させていただくイベントなどが決まっております。直前の告知ですみません。
福岡にうかがう目的は二つ〜。


d0151007_6393685.jpg


TEDxFukuoka

TEDxってご存知でしょうか。わたし知ってましたよ?ひとりでしゃべるやつですよ。webサイトによると、「広めるべき価値あるアイデアを共有する=”ideas worth spreading”」をキーワードに「広めるべきアイデアを共有する」ことを標榜する非営利イベントです。その福岡版に登壇させていただきます。おそれおおいです。
登壇者はひとりで舞台に出て何かひとつのプレゼンテーションをして「広めるべきアイディア」を世間に説明します。ひとり10分程度のプレゼンテーションが多いようです。いまからしどろもどろになっていますが、なんとかがんばりますー。
直前まで聴講者を募集しているみたいなので、連休の予定まだフワフワさせています、という方はいかがでしょうか。2000円かかるみたいです。




d0151007_6554981.jpg


ふたつめはこれ
HAKATAマチルダ


マチルダ先輩の1と2をセットで2日間限定で展示していただけることになりました。頭の上がらないNHKの「テクネ 映像の教室」でテーマ曲とか音まわりを作っていらっしゃるインビジブル・デザインズ・ラボの松尾謙二郎さんのご協力によって実現しましたー。
場所はFUCAというイベントスペースです。薬院にあります。
わたしもごはんどき以外は2日間ずっと会場にいて、去年つくった作品集DVD「女装とアニメ」 ¥3,000(税込)を売ったりしています。13日の夜にはトークイベントまで開いていただきます。
こちらも連休の予定をでたとこ勝負で決めようと思っている方、いかがでしょうか。
炎の入場無料です。

13日 11時より18時まで
14日 11時より17時まで

13日の夜18時より19時までの1時間トークイベント
生い立ちについて聞きたいと松尾さんがおっしゃっていました。





以上、告知でした。
テレビというのはすごいもので、「びじゅチューン!」効果でいろいろな方からいろいろなお誘いをいただくようになりました。(松尾さんは1年まえから何かぜひ一緒に、と声をかけてくださってたのですが)
放っておくと寝てばかりいたり立ち読みばかり(?)しているような私に、せっせと人と関わる機会を持ってきてくれます。まあ根が人の顔色をうかがう性格なのでいろいろな人に会うと気疲れしなくはないのですが、得意なわけではないものにもていねいにコネクトしつづけるということが今は大事なのかなと思っております。ただ流れが強いからって、先日友人たちと食べたホットケーキの味などを忘れないようにしていければと思っています。←かわいこぶっておりますテヘテヘ


がんばるぞ
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2013-10-09 07:23 | Comments(4)

d0151007_02758.jpg

[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2013-10-03 00:02 | Comments(1)

d0151007_11471298.jpg


マチルダの衣装デザインたくさんの応募ありがとうございますー。一応ほんとに一枚ずつ拝見しております。うそではありませんー。応募は明日10月20日21時でしめきって、そこから六本木のときみたいにプロジェクションするムービーを作ります。9月の最後の週のどこかでテクネ展@福岡の会場で公開する予定です。

おたのしみに〜
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2013-09-19 11:53 | Comments(0)

テクネ展 in 福岡


d0151007_839926.jpg

d0151007_839259.jpg

d0151007_8393720.jpg
d0151007_8395116.jpg

d0151007_840122.jpg


(写真BY デザインハブの廣嶋さん)


こんにちは、井上涼です。
飛行機に乗り遅れて待ち時間ができたので、ブログを更新しておこうと思います。前向き…。
飛行機に乗ってどこへ行くのかというと福岡でございます。3月にやったテクネ展が福岡に巡回するので、その設営のために行くのです。スタッフのみなさん遅刻してすみません。

テクネ 映像の教室展
日時 : 8月31日 〜 9月29日 AM10:00 〜 PM21:00
場所 : キャナルシティ博多 ビジネスセンタービルB1F




3月のテクネ展と同じく、「マチルダ先輩2」という作品を出品させていただきます。マチルダのコスチュームを募集する「マチルダ先輩のファッションショー」もやっていますので、ぜひ会場にいらして指定の用紙に描いてください〜。
だいたいどんな衣装でもマチルダ先輩は着こなすことが判明しているので、どうぞみなさん攻めてみてください。ただし著作権NGなものやいわゆる「公序良俗」に反するものはおひろめできないので、そこのところご注意ください。3月のときも○フィとか○カチューとか○ザエさんとか描いてあるのがあって省かなくてはいけなかったのですー。



この8月はいままで準備してきたものがたくさん世に出ました。いろいろ裏話とかあるのでどこかでお見せしたいです。そしてまだあと一つ9月中旬に公開するPVがありますのでお楽しみに〜。
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2013-08-30 08:55 | Comments(9)

↓画像をクリックすると、webサイトに飛びます

d0151007_0252728.png



ブログの更新が滞っております。
twitterのほうが思いつきで行動しやすいのでそちらでの更新が盛んになっておりますが(だから私の動向が知りたい方はそちらでフォローする方が今はよいかと)、ブログもブログで数年続けてきたのだし、できるだけ続けていこうと思っています。
で、
またしてもテレビに出させていただくこととなりました。


「びじゅチューン!」
8月11日、18日、25日
日曜の朝7時20分〜25分の5分間、
Eテレ(NHKの教育のほう)にて



井上涼が世界の有名な美術作品をモチーフに歌とアニメを作る、という番組です。こんな機会をいただけるとはおそれおおいのですが、役割を全うすべくがんばっておりますー。アニメも流れるけど私本人も出演してるので(女装なしで)、ぜひ笑ってやってくださいませ。


露出が増えていく今後、私の見え方が変わって行くことが予想されます。
急に石油王と結婚した上に慈善活動に力を入れ自伝の売り上げの半分を寄付もう半分は入場料無料のバラ園の設立にその一方でフィットネスジムのインストラクターと新宿を半裸でうろつく姿をパパラッチされてハリノムシロ、とかになるかもしれません。
例えそうなっても作品は作りますし、作品を作るときにはみんなが見て楽しい物を作ろう、と考えることは変わりません。細かい揺らぎはご容赦いただきそれも含めて楽しんでいただければと。

って予防線張ったりして。
とりあえず今は毎日会社に行ったりアニメつくったりしております〜
[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2013-08-08 00:48 | Comments(20)

絵 : Tシャツ


d0151007_8413215.jpg

[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2013-07-19 08:40 | Comments(0)

d0151007_11203473.jpg

[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2013-07-06 11:19 | Comments(1)

絵 : 説教される占い師


d0151007_12201215.jpg

[PR]
# by PeNeRoPe963_frien | 2013-06-30 12:19 | Comments(0)